大学編入試験の勉強は、編入後にも役立つ

大学一般入試の場合、どの学部を受験しても、国・社・数・理・英の5教科は必須です。

また、どの教科も、暗記が中心の科目ですね。

文系の学部を目指していても、理系の科目を勉強しなければなりません。

ですが、試験勉強でそんなに大変な思いをしても、入学後はまったく勉強することはないのです。

つまり、それまでの勉強がまったく活かせません。

一方、大学編入試験はどうでしょうか。

試験科目は、一般的に、英語と専門科目。

専門科目は、自分がこれから勉強したいと考えている科目ですから、とても取り組みやすいはず。

それに、勉強した内容は、大学編入後に大きく活かせます。

これが、一般入試と編入試験の大きな違いです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。